不動産購入する前に

不動産と契約するには、お問い合わせから引き渡しまで様々なプロセスがあります。不動産購入を検討している方は、まずはその流れについて知っておきましょう。

不動産購入の流れ

お問い合わせ

新聞紙・チラシの広告、ネットなどから気になる物件が見つかった場合、まずは不動産へお問い合わせください。そこで物件の詳細を聞いて、物件を見学したいというのであれば職員と相談し、日程を決めていきます。

物件見学

当日、不動産の職員と共に物件見学を行ないます。物件見学では間取りや内装をはじめ、建物の外観など細かい点までチェックしておきましょう。その上で、ご不明な点がございましたら、契約前に職員に聞いておくべきです。

契約

物件見学を終えて不動産購入を決めたら、いよいよ正式に契約に移ります。契約では重要事項説明を行ない、その後、契約書類をご確認いただきます。契約書には今後のことも記載されています。隅々まで確認し、理解・納得した上で署名しましょう。

引き渡し

契約が結ばれたら、後は引き渡しになります。引き渡しするためには残金決済が必要です。住宅ローンを利用する場合、金融機関から不動産会社の口座に振り込んでもらえるように手筈を整えましょう。残金の支払いが確認された時点で物件が引き渡しされます。

住宅ローンを利用しよう

不動産購入には多額の資金が必要で、お金の問題に悩むご家庭もあるはずです。そのようなご家庭は住宅ローンを利用してみてはいかがでしょうか。住宅ローンの審査が通れば、数千万から億単位の融資を受けることが可能です。

不動産購入に必要な書類

  • 身分証明書
  • 印紙
  • 印鑑
  • 印鑑証明書
  • 手付金
  • 仲介手数料の半金

[PR]
熊本の不動産売却に決定!
後悔なく手放す方法

不動産購入で失敗しないための基礎知識を押さえよう

男女

分譲物件と仲介物件

不動産の販売形態は大きく分けると2種類あるということをご存知でしょうか。その販売形態の種類は「分譲物件」と「仲介物件」と一般的に言われています。このどちらかを選ぶかによって購入の流れが変わってきます。また、メリットもそれぞれの物件で違いますので、長岡京市や越谷で不動産を購入する場合にはその違いについて知っておくべきでしょう。

分譲物件の特徴・メリット

分譲物件というのは、主に売主である不動産会社から購入する物件のことを言います。物件の特徴としては新築物件が多く、新築マンションのほとんどが分譲物件として売られています。分譲物件は不動産会社がまとめて購入した土地に一気に建物を建築するため、コストパフォーマンスに優れており、購入する際にも仲介物件よりも安価に購入できる可能性が高いです。そのため、費用負担を抑えて不動産を購入したいという方にオススメです。

仲介物件の特徴・メリット

仲介物件は売主から仲介を受けた不動産会社が買い手を探している物件のことを言います。分譲物件とは違い、新築物件よりも中古物件が圧倒的に多いということが特徴的です。中古物件ということもあり、仲介物件は不動産会社と値段交渉もすることも可能です。また、購入後の手続きなどを代行してくれるので、手間なく物件が手に入るというのも魅力の1つです。購入後のサポートを重視していると方には仲介物件はオススメでしょう。

[PR]
名東区で不動産を利用
簡単に相談ができちゃう

まとめ

不動産購入に関する情報を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。不動産を購入するのは人生でも1度きりのことです。その一度きりの不動産購入で失敗しないためにも、ご自身やご家族様が納得できる物件選びを行なうようにしましょう。

[PR]
長岡京市の不動産物件選び
快適な部屋がきっと見つかる♪

[PR]
茅ヶ崎の不動産会社をピックアップ
住みたい家がここにある!

広告募集中